書籍詳細

角膜テキスト

著=西田輝夫(山口大学副学長 山口大学大学院医学系研究科教授)

B5判

348頁

ISBN978-4-86034-221-0

2010年03月発行

Amazonで買う
立ち読み

正誤表

 

角膜治療のあらゆる「コツ」「哲学」を
次世代へ伝える"新テキスト"誕生!

 

Castroviejo Gold Medal(2001年)受賞者で、フィブロネクチン、サブスタンスPやIGF-1などの角膜創傷治癒に関する世界的な研究者である著者による角膜疾患診断・治療の集大成の書。
単に角膜疾患の教科書にとどまらず、創傷治癒および角膜実質細胞(keratocyte)の病態生理の研究成果が、基本から最新の情報まで余すところなく盛り込まれている。
「角膜」を通して医学と臨床への理解を深める、眼科医必携の書。

【目次】

はじめに
推薦文
第I部 基礎編
第1章 角膜の構造
I 角膜の意義
II 角膜透明性の維持機構
III 角膜における防御系と創傷治癒機転
第2章 角膜の病態
I 角膜透明性喪失の病態
II 形状の維持とその異常

第Ⅱ部 臨床編
第3章 角膜の所見と検査
I 診断の進め方
II 角膜の臨床検査学
III 角結膜所見の記載法
第4章 角膜の診断と治療
I 角膜疾患診断と治療への道
II 角結膜疾患に対する薬物治療
III 点眼薬と眼軟膏
IV 手術療法
V 角膜と緑内障
VI 角膜と網膜硝子体
第5章 角膜疾患
I 角膜上皮障害
II 角膜潰瘍の診断と治療
III アレルギー性結膜疾患
IV 角膜ジストロフィ
V 円錐角膜
VI コンタクトレンズ
第6章 角膜をめぐる手術
Ⅰ 角膜移植術
II 角膜内皮移植
III 翼状片
第7章 前眼部の発生と発生異常
I 眼の発生
II 発生異常
第III部 展望編
第8章 これまでの研究とこれから
索 引